光回線でプロバイダーだけ乗り換え

光回線を使用していて光回線を変えるというのはなかなかないと思います。光回線を使用していてADSLに変えるのはよっぽどの事がないとできませんし、する必要はないと思っています。

しかし光回線はそのままでプロバイダーのみを乗り換える事ができます。回線は同じですから面倒な工事も必要ありませんし自宅で待機する必要もありません。

何故他のプロバイダーを使うのか?

光回線のまま何故他のプロバイダーを使うのか?

もちろん料金が安くなったりキャンペーンも様々で自分に合ったものに変える事が多いのですが、サポートセンターの対応の悪さをあげる人が意外に多いという事があります。

サポートセンターというのは各プロバイダーに設置されており困った事を聞いたりする場所です。サポートセンターは唯一人間同士が触れ合う場所でもあります。

サポートセンターの対応の悪さやサポートセンターへの繋がりの悪さを指摘する人が多く、待たされたりしてイライラしてしまう事でプロバイダーへの評価に繋がっているようです。

プロバイダーを乗り換える理由にはプロバイダー独自のキャンペーンや料金設定にひかれるパターンも多いと思います。

新規加入に対するお得なキャンペーンを実施しています。キャッシュバックサービス、金券などのプレゼントを目的に乗り換え契約をする事も可能です。

乗り換え時の注意

プロバイダーを乗り換える際にキャンペーンなどキャッシュバックなど無料期間を目当てに乗り換える際に注意してほしい事があります。

プロバイダー側もばかではないので、せっかく契約してくれたお客様を簡単に手放す事はしません。そのために乗り換えしにくいようになっています。

契約する時に契約書を読んで見ると解約不可期間を設けている場合が多くあります。期間についてはプロバイダー次第ですが「2年間は使ってください」などといったように書いていると思います。

2年未満で解約した場合に違約金が発生しますので乗り換える際には十分注意してください。

またプロバイダーのメールアドレスを使用しているという人は、プロバイダーのメールアドレスも使えなくなります。

プロバイダーの乗り換えは基本的にあまりおすすめできません。それはプロバイダーを変更したところであまり変わることがないからです。

2年以内ならばなおさら乗り換える必要はないんじゃないかなと思います。

光契約サイト比較!!

オプション加入なしおすすめのフレッツ光代理店をランキング形式で紹介しています。

このページの先頭へ